HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

「アビガン」今月承認見送り‐科学的な評価は時期尚早

2020年05月29日 (金)

加藤厚労相が表明

 加藤勝信厚生労働相は26日の閣議後記者会見で、富士フイルム富山化学の抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」の新型コロナウイルス感染症を対象とした薬事承認について、今月中の承認を見送る考えを示した。有効性を評価する臨床試験に関して、「独立評価委員会から科学的な評価は時期尚早との考え方が示された」ことを踏まえて判断したものだが、「有効性が確認されれば、迅速に薬事承認する方針は変わらない」とも述べた。

 加藤氏は、臨床研究の継続可否を判断するための中間解析について、「独立評価委員会から科学的な評価は時期尚早との考え方が示されており、臨床試験は継続になったと承知している」とし、今月中の承認を見送る考えを示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報