HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【フロンテオ】AI活用で約450種を同定‐新型コロナの治療薬候補

2020年06月04日 (木)

 AIベンチャーのFRONTEO(フロンテオ)は、独自のAIシステム「カスケード・アイ」による解析を通じて、世界中にある既存薬の中から、新型コロナウイルス感染症に対する約450種の治療薬候補を見出した。今後、製薬企業との連携による開発を模索していく方針だ。ライフサイエンスAI事業本部の豊柴博義CTOは、本紙の取材に対し、「メッセンジャーRNAやDNAを複製する機能に働きかける薬剤、オートファジーに関連した薬剤、β遮断薬など、様々な治療薬候補が上がっている」と話す。

 新型コロナウイルス感染症治療薬の研究開発をめぐっては、抗インフルエンザ薬「アビガン」など、複数の治療薬候補の開発が進捗しているが、有効性のエビデンスは現時点では確立していない。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報