TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】薬局の機械化を加速‐対人業務強化へ基盤整備

2020年06月23日 (火)

 日本調剤は、次世代の薬局運営を目指し、薬局の機械化を加速させる。薬剤師の専門性や職能を患者へのきめ細かい対応やサービスとして発揮するための基盤づくりとして、2022年度末までに全国約200店舗の薬局の機械化を進め、次世代の薬局運営モデルの構築を目指す考えだ。

 厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」によって、薬剤師が地域包括ケアシステムの一翼を担う存在を目指し、対物業務から対人業務への転換が進められている。同社は医療サービスの質向上に加え、人口減少に伴う医療の担い手不足などの課題を見据え、ICTや調剤機器を活用した業務効率化などのインフラ整備に取り組んできた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報