HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬連/一般薬連】セルフM税制拡充へ要望書‐申告者数の低調推移受け

2020年07月22日 (水)

左から一般薬連の柴田会長、吉田医政局長

左から一般薬連の柴田会長、吉田医政局長

 日本製薬団体連合会と日本一般用医薬品連合会は17日、加藤勝信厚生労働大臣宛ての「2021年度税制改正要望書」を、厚労省の吉田学医政局長に提出した。今回の要望の骨子は、▽セルフメディケーション税制の対象医薬品の拡大▽手続きの簡素化▽所得から控除する金額の計算方法の変更(下限額および上限額の変更)▽制度の延長――の4点となっている。

 3月に日本OTC医薬品協会が行った「生活者16万人調査」によると、セルフメディケーション税制の認知度は約72%まで向上しており、同税制利用群では、医療費が低下傾向にあることも確認された。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報