HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【政府が確保方針】コロナワクチン、来年前半に全国民へ‐米モデルナとも供給で合意

2020年08月31日 (月)

 政府は、来年前半までに新型コロナウイルス感染症ワクチンを全国民に提供できる数量を確保する方針を公表した。米バイオベンチャーのモデルナが開発する新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、武田薬品の流通・販売のもと、来年上半期から約4000万回分の供給を受けられる基本合意を締結した。加藤勝信厚生労働相は28日に記者会見し、「最終契約に至っていないが、ファイザーとアストラゼネカからの供給を単純に足し合わせれば、全国民に供給できる量を超えることになる」と述べた。

 加藤氏は「ワクチンを来年前半までに全国民に提供できる数量を目指し、国内外を問わずワクチンの供給に関する契約を進めていく」と語った。7月に米ファイザー、今月にアストラゼネカとワクチンの供給で基本合意しているが、さらに今回、米モデルナが開発するワクチンを武田薬品の流通・販売のもと、来年上半期から約4000万回分の供給を受けられる契約の基本合意に至った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報