HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本医薬総合研究所】緊急事態宣言、処方動向に影響‐薬効別で処方パターンに差異も

2020年09月01日 (火)

 日本医薬総合研究所は、膨大な処方情報を独自運用する処方箋データベースにより、新型コロナウイルス感染症による国内の医療機関から発行される処方箋動向、処方パターンへの影響を調査した結果、緊急事態宣言発令によって処方パターンが大きく変化したことが分かった。薬効別で処方パターンに差異が生じていることも明らかになった。

 調査結果によると、週次単位に処方パターンを把握したところ、緊急事態宣言発令によって処方動向が大きく変化。宣言発令後から、処方箋枚数減少および投与日数増加傾向が確認された。この傾向は、緊急事態宣言解除後の6月には回復傾向になり、処方箋枚数、投与日数共に緩やかな動きではあるものの、宣言発令前の状態に戻りつつある傾向が表れていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報