HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【サノフィ】血液癌の営業活動本格化‐「サークリサ」で市場参入

2020年09月03日 (木)

岩屋孝彦氏

岩屋孝彦氏

 サノフィは、血液癌領域に特化した営業部門を新たに立ち上げた。4月1日付で新設し、これまで血液癌専門MRの育成を進めてきたが、8月31日に多発性骨髄腫(MM)治療薬「サークリサ点滴静注」を新発売したことを受け、本格的に活動をスタートさせた。岩屋孝彦社長は、本紙のインタビューに「遅れて参入したレイトカマーで、市場競争が厳しいことも分かっているが、MMにはまだ多くのアンメットメディカルニーズがあると思っている。われわれの薬剤でしか届けられない利益を患者さんに届ける使命がある」と語った。

 同社は、6月にサークリサの国内承認を取得。MMの国内市場に参入するに当たって、オンコロジー事業部内に血液癌専門の営業組織を新設し、固形癌専門の営業組織と両輪で情報提供を行う組織体制を構築した。岩屋氏は「固形癌と血液癌の2本の柱を大きな核にしていきたい。最初の一歩として、サークリサを育てていかなければならない」と意気込みを示す。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報