HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がん研究センター】日本主導でアジア試験網‐抗癌剤開発の基盤構築へ

2020年09月09日 (水)

 国立がん研究センター中央病院は、日本主導によるアジア国際共同試験ネットワークの構築に向け、「アトラスプロジェクト」を開始した。抗癌剤開発を推進するマレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナムと連携し、アジア地域で医師主導による国際共同治験のプラットフォーム構築を目指す。今後、患者レジストリを用いた希少癌、アジアで罹患率が高い子宮頸癌のアジア共同治験を計画し、恒常的に5試験以上の国際共同治験を実施できる体制を整備したい考え。

 アジア地域における抗癌剤開発をめぐっては、企業治験の実施機会が少なく、使用可能な抗癌剤の数が限られるなど治験実施体制の整備が課題となっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報