HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】福島医務技監、ワクチン審査「慎重さ必要」‐コロナ対策が最大の課題

2020年09月11日 (金)

福島靖正医務技監

 厚生労働省の福島靖正医務技監は4日、就任後初めて専門紙と共同会見し、「新型コロナウイルス感染症対応が一番の仕事になる。国民も治療薬・ワクチンの開発に期待しており、喫緊の課題」との認識を示した。特にワクチンの承認審査については「早く出てくればいいという期待もあるが、きちんとした手順も踏まなくてはならない。開発の迅速化を支援する中で、審査の質をいかに確保していくか、両者のバランスが重要」との考えを示した。

 福島氏は、新型コロナウイルス感染症ワクチンについて「研究開発の支援や審査の迅速化を進めていく」と表明。ただ、審査のプロセスについては、「新しいことをするわけではなく、これまで行ってきた方向性をつなげていく」と述べた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報