HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬/KDDI】3D映像で医薬品情報解説‐情報提供にVRなど導入

2020年09月23日 (水)

スマートグラスを活用

スマートグラスを活用

 大日本住友製薬は18日、KDDIと協力してMRと医療関係者とのコミュニケーションに仮想空間技術(XR)を活用する取り組みを始めたと発表した。医薬品情報を3D映像で直感的に伝えるコンテンツの制作や仮想空間(VR)上のコミュニケーションスペースの構築に向け協力する。拡張現実(AR)やVRといった最新技術を駆使して情報提供の手段を拡充する考え。2020年度中に試験的にサービスを始める計画である。

 眼鏡型ウエアラブル端末「スマートグラス」を活用して、医薬品の分子構造や臓器への作用メカニズムなどを立体的に再現したコンテンツを医療関係者に提供する。端末を着用した医療関係者は、目の前の風景の中に映し出された医薬品や臓器、分子構造などについて、上下左右、前後など、視点を変えて見ることができる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報