TAZとPIPC配合、抗菌薬「ゾシン」を発売 大正富山医薬品

2008年10月3日 (金)

ゾシン静注用
ゾシン静注用

 大正富山医薬品は1日、β‐ラクタマーゼ阻害剤配合抗生物質製剤「ゾシン静注用2・25、同4・5」(一般名:注射用タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム)を新発売した。

 ゾシンは、β‐ラクタマーゼ阻害剤のタゾバクタムとペニシリン系抗生物質のピペラシリンを1対8の力価比で配合した抗生物質。肺炎や敗血症、腎盂腎炎、複雑性膀胱炎などの感染症に優れた効果を発揮する。

 海外では既に、米ワイスにより世界94カ国で発売されており、注射用抗生物質の世界的な標準的治療薬として使われている。国内では、大鵬薬品が製造販売承認を取得した。

 用法・用量は、敗血症と肺炎の場合、成人にはタゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウムとして、1回4・5g(力価)を1日3回点滴静注し、小児には1回112・5mg(力価)/kgを1日3回点滴静注する。

 また、腎盂腎炎及び複雑性膀胱炎の場合には、成人にはタゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウムとして、1回4・5g(力価)を1日2回点滴静注し、小児には1回112・5mg(力価)/kgを1日2回点滴静注する。

 薬価は、ゾシン静注用2・25が1瓶1792円、同4・5が1瓶2668円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録