HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

「協会けんぽ」がスタート

2008年10月2日 (木)

政管健保の運営”地域ごとの保険料設定は1年以内

 全国健康保険協会(協会けんぽ)が1日からスタートした。政府管掌健康保険(政管健保)の運営が、社会保険庁から公法人の同協会に移された。今後、1年以内に全国一つだった保険料が、都道府県単位で設定されることになる。

 協会けんぽは、本部と47都道府県支部で構成され、本部には運営委員会、支部には評議会が設けられ、それぞれ事業主・被保険者・学識経験者が参画し、運営に関する重要事項を審議する。職員は民間職員となり、その数は約2100人(民間採用約300人、社会保険庁採用約1800人)

 政管健保運営主体の公法人化に伴い、都道府県ごとに年齢構成や所得水準の違いなどを調整した上で、地域の医療費を反映した保険料率が設定される。しかし、保険料率が大幅に上昇する場合もあることから、5年間を限度とした激変緩和措置が講じられる。また、都道府県単位の保険料率については、協会成立後1年以内に決定することとなっており、来年から各都道府県による料率の差が生じることになる。

 なお、被保険者証については、1日以降加入の場合には新たな被保険者証が発行され、被扶養者も含めて加入者1人1枚にカードとなる。これまで政管健保に加入している場合は、順次、新たな被保険者証への切り替えが行われるが、切り替え完了までは、従来の被保険者証が使用できる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録