11月27日に「第2回DIAライフサイクルマネジメントワークショップ ‐製造販売後データベース調査における留意点を考えてみよう‐」をWeb開催 ディー・アイ・エー・ジャパン

2020年10月21日 (水)

 「第2回DIAライフサイクルマネジメントワークショップ」(旧DIAリスクマネジメントワークショップ)‐製造販売後データベース調査における留意点を考えてみよう‐が、2020年11月27日(金)にWEB(Zoom)にて開催される。

 第1回のライフサイクルマネジメント(LCM)ワークショップでは、ファーマコビジランスにおけるデータベース調査の有用性と限界を従来の使用成績調査との比較を中心に関係者の方々と共に考え、多くの情報に触れて、参加者の好評を得た。

 製造販売後データベース調査に関しては、医薬品疫学調査相談によりPMDAと承認取得後に相談することは可能であるが、データベース調査を計画したことのある企業は少なく、“どのような検討を行い、計画を立案したらよいか?”、“どのようなデータソースを用いればデータベース調査の妥当性を検討できるのか?”、という疑問が聞かれることも少なくない。

 今回のLCMワークショップではデータベース調査を計画・実施する際に準備すべきことを参加者の方々と一緒に考えるため、セッション1から4の講義を通じ、基本的事項について座学で学んだ後、グループワークを通じて具体的な準備事項を協議し相互に理解を深める内容となっている。

 プログラム:https://www.diaglobal.org/productfiles/8669829/20316.pdf
 問い合わせは、主催のDIA Japan(URL www.diajapan.org)へ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

研修会 セミナー 催し物 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報