HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】ワクチン第I相、年内開始‐手代木社長「動物で新型コロナ死亡抑制」

2020年11月05日 (木)

手代木功社長

手代木功社長

 塩野義製薬の手代木功社長は10月30日、大阪市内で開いた中間決算説明会で、新型コロナウイルス感染症ワクチンの第I相試験を当初計画通り年内に国内で開始すると発表した。根拠の一つとして「小動物の感染モデルで明確な重症化予防効果を確認できた」と明らかにした。年明けには国内で第II相試験を開始し、来年2~3月にはグローバルで数万人規模の第III相試験を開始する計画。手代木氏は「開発は比較的堅調に進んでいる」と語った。

 ワクチンを接種した小動物に新型コロナウイルスを感染させて10日間経過観察する実験系で効果を確認した。アジュバントのみを投与した群では感染6日後までに全例が死亡したが、ワクチン投与群では全例が生存し、感染に伴って減少した体重も回復した。手代木氏は「重症化予防という点で非常に良い効果が出た」と強調した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報