HOME > 無季言 ∨ 

「ざっくばらん」で心を掴む

2020年12月23日 (水)

◆ある日、発表されたプレスリリースの詳細を確認しようと企業に電話をかけた。担当部署の責任者が出て「承ります」と一言。重みと深みのある声に腰が引ける。こういう時、一歩踏み込んで話を聞くことをためらうことがある
◆ざっくばらんに、自分の理解が至らない点などについて聞いてみると、丁寧に教えてもらえるケースが多い。むしろ、変に気を遣うと会話がぎこちなくなって失敗する
◆1年以上前のことだが、患者として薬局を訪れた時、ざっくばらんな態度の薬局薬剤師に服薬指導してもらった。皮膚科の門前薬局で、中年の男性薬剤師から「そんなに念入りに髭を剃らなくていい。神経質なのか」と、さっぱり遠慮なく言われた。一瞬、無遠慮な気もしたが、人間味や温かみのある言葉で、スッと胸に落ちた
◆ざっくばらんに話しかけてみても、けんもほろろに突き返されることもある。しかし、遠慮がちな形式ばった態度でうまくいくケースも少ない。ざっくばらんは、患者や相談者の心を掴むための手段の一つだと思う。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報