HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【サノフィ/GSK】ワクチン試験計画に遅れ‐高齢者の免疫応答が不十分

2020年12月24日 (木)

 仏サノフィと英グラクソ・スミスクライン(GSK)は、新型コロナウイルス感染症に対するアジュバント添加ワクチン候補について、第I/II相試験で高齢者の十分な免疫応答が得られなかったため、試験計画を遅らせると発表した。これにより、ワクチンの実用化時期は当初見込みの来年半ばから10~12月にずれ込む見通し。両社は、改善した抗原を用いた第IIb相試験を来年2月に開始する予定。

 第I/II相試験は、米国の10カ所の治験実施医療機関で健康成人440人が参加した無作為化二重盲検プラセボ対照比較試験。中間解析によると、ワクチン候補を2回接種した18~49歳の被験者では、新型コロナウイルス感染症から回復した人に匹敵する中和抗体価を示し、バランスの取れた細胞応答が認められた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報