HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米BMS】抗体併用療法を導入‐コロナ治療、予防の可能性

2021年02月10日 (水)

 米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)は、米ロックフェラー大学の新型モノクローナル抗体2剤併用療法について、全世界で独占的に開発、製造、販売を行うライセンス契約を締結したと発表した。同併用療法は、新型コロナウイルス感染症の治療、予防につながる可能性がある。

 今回の契約により、同大は将来的な売上に対するロイヤリティを受け取る権利を保有する。

 BMSは、同併用療法の開発に成功した場合、低中所得国や医療体制が限定的な地域などに対し、安価で提供することを目指していく。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報