HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【インフルエンザ】昨年に比べ遅い出足

2008年11月11日 (火)

関連検索: インフルエンザ

 厚生労働省は7日付で、今期初のインフルエンザ様疾患発生報告(第1報)を発表した。10月26日から11月1日までの全国の情報をまとめたもの。患者数は123人、うち欠席者数は91人で、学級閉鎖数は7、学年閉鎖1、休校数は1だった。

 昨年の同期は患者数611人、うち欠席者数357人で、流行状況は約5分ノ1規模。患者が報告されたのは大阪府(49人)、兵庫県(19人)、仙台市(14人)、堺市(11人)、山口県(5人)、茨城県(4人)。

 ウイルス分離状況は調査対象外だが、A香港型〈H3〉が堺市(10月21日付検体採取)で分離されている。

関連リンク
関連検索: インフルエンザ



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録