HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

PMT協議会に卸22社参画‐特殊薬の供給最適化図る

2021年02月26日 (金)

 医薬品卸企業22社は22日、個別化医療支援プラットフォーム「NOVUMN」(ノヴァム)を共同利用する「・医薬品トレーサビリティ協議会」(PMT協議会)に参画すると発表した。3月1日に設立される同協議会の主な活動は、ノヴァムの広報、周知活動とプラットフォーム改善のための調査研究、協議会の運営管理となっており、参画企業は今後、特殊医薬品のサプライチェーン最適化を図るため、ノヴァムの普及活動を展開していく予定である。

 ノヴァムは、アルフレッサ、PHC、富士通ジャパンの3社が共同開発したRFID、クラウド、IoT技術等を活用した個別化医療支援プラットフォーム。微細・微少な温度差の変化によって有効成分が変質してしまう可能性のある特殊医薬品に関して、製品流通の全段階での厳格な温度管理、医薬品個別のトレーサビリティの把握、医薬品卸や医療機関における適切な在庫管理機能等を実現しており、この機能によって特殊医薬品のサプライチェーンの最適化を図ることを目的としている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報