HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【タミフル】備蓄品の有効期限を5年から7年に延長

2008年11月14日 (金)

 厚生労働省医薬食品局審査管理課は、国や都道府県が備蓄している抗インフルエンザ薬「タミフルカプセル75」の使用期限を従来の5年から7年に延長することを承認した。

 既に、国や都道府県が備蓄している薬剤についても、室温(1030℃)で適切に保管されていることを条件に使用期限が延長される。

 国内には、新型インフルエンザ対策の一環として、タミフル、リレンザの2種類の抗ウイルス薬が備蓄されているが、タミフルは2010年4月から有効期限切れするものが出始めるため、廃棄などに伴い発生する膨大な経費にどう対応するかが課題になっていた。

 それを受け中外製薬は、備蓄品のタミフルの有効期限を5年から7年に延長する一部変更承認申請を提出しており、今回の使用期限延長の措置は、財政面の事情を考慮したもの。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録