HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚科審合同会議】アナフィラキシーを評価‐「安全性に重大懸念なし」

2021年03月15日 (月)

厚生科学審議会合同会議

 厚生科学審議会と薬事・食品衛生審議会の合同会議は12日、新型コロナウイルスワクチン接種後のアナフィラキシー報告事例36件などを評価し、ワクチンについて「安全性に重大な懸念は認められない」と判断した。委員から、実際にはアナフィラキシーではない症例を含んでいる可能性を指摘する声が相次いだことを踏まえたもの。海外に比べてアナフィラキシーの報告数が多いとの指摘についても、情報を蓄積した上での精査が必要とし、結論を先送りした。

 医療関係者への先行接種が始まった2月17日から今月11日まで報告された副反応疑い報告のうち、アナフィラキシーとして報告されたのは36件。100万回接種当たりでは200件近くに上り、米国の4.7件、英国の18.6件と比べて件数の多さが際立つ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報