HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】保険薬局における医薬品適正使用の実践

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 木戸宏幸(Chemist and Pharmacist)
 園部尭仁(北里大薬)

 保険薬局の医薬品適正使用に向けた取り組みは、今後さらに質を高め、幅広く実践していくことが求められる。そのためには、個々の薬局が独立して取り組むだけではなく、地域の保険薬局全体での協力や、近隣の医療機関との連携がより重要になると考えられる。

 本シンポジウムでは、既に実践されている地域独自の取り組みとして、地域における推奨医薬品集である「地域フォーミュラリー」を全国に先駆けて作成・運用している事例や、外来患者の医薬品服用後の安全性確保を目的とした「薬薬連携による副作用報告体制」を整備・運用している事例、在宅緩和ケア実践に当たっての当該地域における障害の明確化と「在宅連携モデル」運用による結果を検証した事例等を紹介する。

 これにより、各地域における医薬品適正使用に関連したニーズの発見や改善のための取り組みの実践が推進されることを目的に、本シンポジウムを企画した。

 また、薬学生に対する薬局の地域医療への参画に関する教育についても協議したい。

 (園部尭仁




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報