HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審一般用医薬品部会】膣カンジダ治療薬2成分のスイッチOTC了承

2008年11月27日 (木)

 薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会は26日、スイッチOTCの膣カンジダ治療薬2成分了承した。

 一つは、ロート製薬が申請したイソコナゾール硝酸塩を有効成分とするもので、商品名は「メンソレータムフレディCCクリーム」「メンソレータムフレディカンジダキュアクリーム」「カンジダキュアMFクリーム」の3種類を予定。

 もう一つは、大正製薬が申請した抗真菌剤ミコナゾール硝酸塩を有効成分とし、商品名は「フェアネスクリーム」「リフィーリンクリーム」「メディトリートクリーム」の3種類を予定。

 いずれも、腟周辺に塗布するクリーム剤。効能・効果は、膣カンジダの再発による発疹を伴う外陰部のかゆみ。過去に医師から膣カンジダの診断・治療を受けたことのある人に限定される。1日203回適量を患部に塗布し、3日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診察を受ける。おりもの、熱感などの膣症状を伴う場合は、必ず膣剤を併用する。

 承認条件としては、一般用として新有効成分であることから、3年間の安全性等に関する製造販売後調査が付された。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録