HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士フイルムHD】中計、ヘルスケアを最大事業に‐23年度の売上高8600億円

2021年04月20日 (火)

 富士フイルムホールディングスは15日、2021~23年度までの中期経営計画「VISION2023」を発表した。3年間でヘルスケアと高機能材料の成長を加速し、特にヘルスケア事業は最終年度となる23年度に売上高8600億円、営業利益1030億円と同社最大のセグメントに拡大させる計画を打ち出した。研究開発や設備投資に総額1兆2000億円を投じ、メディカルシステムやバイオCDMOの重点事業や新規事業に集中投入していく考えだ。

 同社は、17年度に30年度をターゲットとした長期的に目指す姿を示したCSR計画「サステナブルバリュープラン2030」を策定している。今回の新中計は、CSR計画の目標を実現するための具体的なアクションプランとしてまとめられた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報