HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【和医大薬学部】入学者約3割は地元出身‐薬剤師の地域偏在解消へ

2021年04月23日 (金)

和医大薬学部がスタート

市立中学校跡地に建設された薬学部校舎

市立中学校跡地に建設された薬学部校舎

 和歌山県立医科大学は今春、和歌山市の中心地にある伏虎キャンパスに薬学部(6年制、定員100人)を新設した。和歌山県初の薬学部で、関西では初めての公立大学薬学部になる。初年度の入試の結果、地元出身の入学者は県内枠15人を含め全体の約3割に達し、薬剤師の地域偏在解消に向けて良好な滑り出しとなった。医学部や保健看護学部を持つ医療系総合大学として多職種連携教育(IPE)を推進し、地域で活躍できる薬剤師や研究能力を備え国際的に活躍できる薬剤師の育成に取り組む。

 同大薬学部は、薬剤師不足に悩み続けてきた地元関係者の要望に県が応える形で設置。初年度の県出身の入学者数は計27人となった。県の高校に通う生徒や県内在住者らを対象にした推薦入試の県内枠15人に加え、推薦入試全国枠で2人、一般選抜で10人が入学。和歌山を含め関西の出身者は入学者の7割を占め、残る3割の中では愛知、静岡、島根からの入学者が多かった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報