HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】コロナの申請可能性検討‐「アクテムラ」試験データ解析で

2021年04月26日 (月)

 中外製薬上席執行役員プロジェクト・ライフサイクルマネジメントユニット長の山口哲弥氏は22日の決算説明会で、新型コロナウイルス感染症に対する抗IL-6受容体モノクローナル抗体「アクテムラ」の臨床試験に言及。海外第III相試験「EMPACTA」を含め、「アクテムラの新型コロナウイルス感染症に対する貢献の可能性は否定されていない」として、これまでの臨床試験データを詳しく解析した上で、引き続き承認申請の可能性を検討していく考えを示した。

 新型コロナウイルス感染症を対象としたアクテムラの臨床試験は、通常は臨床試験に組み入れられない患者を対象に実施した「EMPACTA」では主要評価項目を達成したものの、新型コロナウイルス感染症に伴う肺炎の重症入院患者を対象とした海外第III相試験「COVACTA」、抗ウイルス剤「レムデシビル」との併用第III相試験「REMDACTA」では主要評価項目を達成できなかった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報