HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【横浜市大チーム】全変異株で抗体保有9割超‐コロナワクチン2回接種者

2021年05月18日 (火)

 横浜市立大学の研究チームは12日、新型コロナウイルス感染症ワクチンを2回接種した人について、七つの変異株全てで中和抗体の保有率が9割を超えたとの研究結果を発表した。既存のワクチンでも変異株に対応可能との認識を示す一方、1回目接種後の抗体保有率はいずれの株でも6割に達しなかった。

 研究チームは、現在接種が進められている米ファイザー製のワクチンについて、変異株への有効性と効果の個人差を調べた。新型コロナウイルスの感染経験がなく、ワクチンを接種した日本人105人を対象に、1回目と2回目の接種後に採血し、血清にウイルスを感染させて中和抗体の有無を確認。ウイルスは従来株、変異株の英国型、インド型など計8種類とした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報