HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ニプロ】医薬品製造受託1000億円に‐26年ごろ、注射剤など増加見込む

2021年05月27日 (木)

 ニプロ常務取締役医薬事業部長の西田健一氏は19日、ウェブ上で開いた決算説明会で、医薬品製造受託の売上高の見通しについて「現時点の700億円ほどが2026年頃には1000億円を超えてくるだろう」と語った。注射剤などの新規案件の増加を見込み、製造能力の増強を進めている。

 22年3月期のニプロ全体の売上高は、前期比8.7%増の4950億円となる見込み。このうち、医薬品関連では、医薬品を受託製造する医薬関連事業が11.3%増の763億円、自社後発品は1.2%減の814億円となる見通しだ。医薬品製造受託の売上高には、注射剤1340万本と経口剤2000万錠による増収分などの上積みを予定している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報