世界最速のグリコヘモグロビン分析装置を新発売 アークレイ

2008年12月15日 (月)

 アークレイは世界最速の測定時間48秒を実現したグリコヘモグロビン分析装置「アダムスA1c HA‐8180」(写真)を16日に発売する。

 同装置はHPLC(高速液体クロマトグラフィー)法により、糖尿病の重要な検査項目であるHbA1cを測定するもの。従来機種の高い測定精度に加えて、測定時間を大幅に短縮し、48秒/検体を実現した。

 さらに検体撹拌機能を標準搭載、操作パネルには大型カメラを採用し、日本語表示や試薬残量表示をすることで、より操作性を向上させた。また、プレフィルタの交換が不要で、メンテナンス作業も低減した。HbA1c測定値の国際標準化にも対応している。

 税込み価格は735万円。国内販売統括会社のアークレイマーケティングを通じて販売する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録