HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬業9団体】ネット販売で要望書提出‐「対面販売」を主張、新ルールの整備不可欠

2008年12月15日 (月)

 日本薬剤師会、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)など薬業9団体は11日、舛添要一厚生労働大臣を訪問し、11月28日に発表した医薬品のインターネット販売に関する共同声明を手渡すと共に、薬業団体の考え方を伝えた。

 共同声明に参加し、この日舛添厚労相を訪問したのは、日薬、JACDS、全国医薬品小売商業組合連合会、全国配置家庭薬協会、全日本薬種商協会、日本医薬品登録販売者協会、日本置き薬協会、日本薬局協励会、日本薬業研修センターの9団体。

 共同声明では、「一般薬の販売は対面販売が原則であり、インターネットによる販売は禁止すべきである」との考えを主張している。

 また、共同声明と併せて、次の5項目の薬業団体の考えも説明した。

 [1]これまで、薬事法には明確な販売ルールがなく、通知によって、ネット販売の指導・規制を行っていた(法律にない指導および規制に強制力がない。実質的には野放し状態であった)

 [2]このまま法的背景を持たずにネット販売を全面的に認めると、医療用医薬品の販売も可能になる

 [3]改正薬事法は「店舗販売業」において、医薬品を安全に販売するための詳細なルールが決められたものであり、早く省令が出ないと施行に間に合わず、現場は大混乱に陥る

 [4]ネット販売を必要とするのであれば、ネット販売業態(無店舗販売業)の確立と新たなルールの整備が不可欠である

 [5]家でないと買えない人がいる場合は、薬業界で協力して、対面の原則を確保しながら医薬品を提供できる対応策を考える

 JACDSによると、舛添厚労相はこうした考え方に理解を示し、「国民の健康、安全を担保することを第一として考えていく」と約束したという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録