HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ヤクルト】抗癌剤「サーモドックス」を米セルシオンから導入

2008年12月17日 (水)

 ヤクルトと米バイオ企業のセルシオン・コーポレーションは16日、抗癌剤「サーモドックス」の日本での商業化に関する独占的ライセンス契約を締結した。

 契約締結を受け、ヤクルトはセルシオンに250万ドル(約2億2600万円)のライセンス料を支払うと共に、原発性肝癌治療薬として国内承認を取得した場合に、マイルストーンの支払いを行う。マイルストーンに応じた支払いは、一定の売上高と適応拡大を達成した場合にも発生する。

 さらにヤクルトは、国内でのサーモドックスの売上高に対し、セルシオンにロイヤリティーを支払うことになっている。

 サーモドックスは、抗癌剤のドキソルビシンを、セルシオンの熱感受性リポソームに封入した薬剤。既に米国では、原発性肝癌を対象とした第III相試験が進められているが、今後カナダ、イタリア、韓国、台湾でもサーモドックスの治験を開始し、目標症例数600例のグローバル試験として第III相試験を拡大する計画だ。さらに中国でも試験実施の手続きを進めているという。

 今後、両社は、国内でも原発性肝癌などを対象とした臨床試験をスタートさせる予定だが、現時点では開発スケジュールの詳細は決まっていない。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録