HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

普及実態捉える指標を‐BS協議会・黒川理事長、バイオ後続品目標に言及

2021年06月28日 (月)

 日本バイオシミラー協議会の黒川達夫理事長は20日、オンライン開催された日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会学術大会で講演し、「経済財政運営と改革の基本方針2021」(骨太方針)でバイオ後続品の数値目標が盛り込まれなかったことに言及。「数値目標を設定することが時期尚早というより、金額で出すべきなのか、数量で出すべきなのか、普及の実態をしっかりと捉えられる指標を、今年1年間でしっかり決めていくと理解している」と述べた。

 バイオ後続品をめぐっては、2020年に診療報酬上のインセンティブが導入され、置き換えによる医療費適正効果額は17年の87億円から20年には418億円に伸長している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報