HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【在宅薬学会学術大会で報告】薬剤師関与で処方適正化‐在宅の精神疾患患者に

2021年07月27日 (火)

 精神疾患患者の在宅医療に薬局薬剤師が関わり、抗精神病薬の適正使用につながった症例が、18日に金沢市とウェブ上で開かれた日本在宅薬学会学術大会のシンポジウムで示された。家族の代理受診によって医師は状況を十分に認識できない在宅の精神疾患患者を対象に、薬剤師と訪問看護師が連携して残薬や患者の様子を把握。医師へのフィードバックを繰り返した結果、抗精神病薬2剤が不要と判断され中止に至った。処方の適正化によって患者の日常動作や精神状態が大きく改善したという。

 症例を報告したのは、東京都港区で中川薬局を営む薬剤師の中川明子氏。ケアマネージャーから依頼を受け、精神科病院を退院し在宅療養に移行して半年経った患者への関与を開始したところ、二つの問題に直面し、改善に向けた取り組みを進めた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報