HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬局方部会】19局の基本方針案を了承‐「5本柱」で具体的内容検討

2021年07月27日 (火)

 薬事・食品衛生審議会日本薬局方部会は20日、2026年度からの第19改正日本薬局方作成基本方針案を了承した。医療上の必要性が低い、安全性の問題で回収を行った医薬品などは削除するほか、欧米の薬局方で既収載の試験法を積極的に導入することなどを盛り込んだ。9月に開催予定の薬事分科会に報告後、(PMDA)内の原案検討委員会で具体的内容を議論する。

 日本薬局方では、医薬品の適正な品質確保に必要な規格、基準、標準的試験法等を示している。5年周期で大幅な見直し、改正を行っており、今年度から第18改正版が運用されている。

 厚生労働省はこの日の部会で、26年度から運用予定の第19改正版作成に向け、「5本の柱」に沿って具体的内容を検討する案を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報