TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【ファイザー】「チャンピックス」を自主回収‐発癌性物質が基準値超え

2021年08月03日 (火)

 ファイザーは7月28日、禁煙補助剤「チャンピックス錠1mg」の一部製造番号品で、発癌性リスクを高める可能性のある物質「N-ニトロソバレニクリン」が基準値を超えて検出されたことから、自主回収すると発表した。

 米ファイザーは、全製品中のニトロソアミンのリスク評価を進めた結果、一部製造番号品でN-ニトロソバレニクリンが基準値を超えて検出されたことから、各国で販売された製品と製造中の全製造番号品で定量試験を実施することを決定。予防的措置として、日本法人でも6月15日から出荷を保留していた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報