HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ファイザーと追加供給協議‐来年初頭に1億2000万回分

2021年08月23日 (月)

 田村憲久厚生労働相は20日の閣議後会見で、米ファイザー製ワクチンについて、来年初頭から1億2000万回分の追加供給を受けることを前提に協議を進めていることを明らかにした。ファイザー製ワクチンでは年内に1億9400万回分の供給を受ける契約を結んでいるが、今後の感染拡大を想定し、ワクチンのさらなる確保に乗り出す。3回目のブースター接種(追加接種)の必要性も検討される中、「様々な可能性を念頭に置いて交渉をしなければならない。今回のファイザーとの協議もその一環だ」と述べた。

 政府はこれまでファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナの3社から4億1400万回分の供給を受ける契約を締結している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報