HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】モデルナ製ワクチンに異物‐約163万回分使用見合わせ

2021年08月30日 (月)

 武田薬品は26日、米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンの一部ロットに異物が混入していたとして、約163万回分の使用を見合わせると発表した。接種会場8施設から、未使用のバイアル内に異物が確認されたと報告を受けたもの。現時点で関連する健康被害は報告されていないが、モデルナと原因究明を進めると共に、厚生労働省と協力して代替品の供給に努める考え。

 モデルナの「コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン」(販売名:COVID-19ワクチンモデルナ筋注)は全国の大規模接種会場等で使用されており、国内の製造販売を担う武田は16日以降、、埼玉県、愛知県などの接種会場8施設から、「未使用のバイアル内に異物が確認された」との報告を受けた。具体的には、ロット番号「3004667」のうち、バイアル39本に異物が混入していた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報