HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬学術大会】医療政策に認定薬局活用を‐地域連携が重要な課題

2021年09月30日 (木)

 ウェブ上で開催された日本薬剤師会学術大会の分科会では、8月に認定薬局制度が始まったことを受け、医療連携のあり方を議論した。演者からは、都道府県が医療政策を策定する上で、地域連携薬局と専門医療機関連携薬局の役割をどう規定するかが重要な課題と指摘された。また、薬局は医療機関や行政だけではなく、民生委員、町内会・老人会、成年後見人など地域の人たちと情報をやり取りし、健康づくりの視点で地域に根ざした薬局を目指していく方向性も示された。

 前厚生労働省医薬・生活衛生局総務課薬事企画官の安川孝志氏は、病院薬剤師と薬局薬剤師の“薬薬連携”が重要になるとしつつ、「これまでも薬薬連携という言葉は出てきていたが、有効に機能していたかというとまだこれからというところもある」との課題を指摘。「地域での医療機関と薬局との連携体制を作る上で大事になるのは、顔の見える関係を作ること」と述べ、地域連携薬局の認定要件に地域包括ケア会議への参加や医療機関・薬局との情報共有体制、月30回以上の医療機関への情報提供実績などを基準として位置づけたことを説明した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報