TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ファイザーと追加供給契約‐来年1月から1.2億回分

2021年10月12日 (火)

 厚生労働省は7日、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて来年1月から1億2000万回分の追加供給を受ける契約を締結した。同社からのワクチン供給量は過去の契約分を含めて3億1400万回分となる見通しだ。

 後藤茂之厚生労働相は8日の閣議後会見で、「円滑なワクチンの提供に向け、引き続きファイザー社と連携して取り組んでいく」と述べた。ワクチンの3回接種についても「分科会で議論してもらっており、基本的には進めていくという方向性で今後対応していきたい」と前向きな姿勢を示した。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報