TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【高知大病院薬剤部】血液がんの便秘重症化抑制‐非刺激性下剤の使用促進で

2021年10月18日 (月)

 高知大学病院薬剤部の川田敬氏は9日、ウェブ上で開かれた日本医療薬学会年会で、血液がん患者の適切な排便管理方法を発表した。後ろ向き臨床研究で、血液がん患者の便秘重症化に刺激性下剤が関係することを解明。刺激性下剤の使用を避けるため、非刺激性下剤の酸化マグネシウムを投与し、必要に応じて同じ系統の薬剤を追加するプロトコールを構築した。便秘の重症化を抑えられているという。

 多くのがん患者で便秘が発現する。他のがんと同様に血液がん患者でも、化学療法による食事摂取量の減少や運動量の低下、抗がん剤の副作用などの要因で便秘が発現しやすくなる。便秘が重症化すると死に至る場合もあるため、その抑制が重要だが、血液がん患者における排便管理方法は確立されていない。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報