TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】精神疾患向けVR共同開発‐ビヘイビアと契約、米承認目指す

2021年10月22日 (金)

 大日本住友製薬は、三つの精神疾患を対象とした仮想現実(VR)コンテンツについて、米ビヘイビアと全世界での独占的な共同開発、販売提携契約を締結した。デジタル治療(DTx)として米国での承認取得を目指す。

 社交不安障害、全般不安障害、大うつ病性障害を含めた3疾患で、医師の処方を必要とするDTxとして開発を進める。まず、2026年度に社交不安障害の承認を米国で取得する計画。将来的には、日本を含め展開地域の拡大を目指す。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報