HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【持田製薬】高脂血症治療薬「エパデール」をスイッチOTC化へ

2009年1月28日 (水)

yakuji_photo
持田社長

 持田製薬の持田直幸社長は26日、都内で開いた新春記者懇談会で、主力の高脂血症治療薬「エパデール」のスイッチOTC化に取り組む方針を明らかにした。スイッチOTC化によって、ライフサイクルマネジメント戦略を最大化させたい考えだ。

 エパデールは、持田製薬と日本水産が共同開発した世界初の高純度イコサペント酸エチル(EPA)製剤。1990年に閉塞性動脈硬化症治療薬として発売を開始し、94年には高脂血症の効能・効果を取得。昨年度の売上高は371億円と、同社の医薬品売上高の50%以上を占めるような主力製品となっている。

 また昨年には、エパデールの大規模臨床試験「JELIS」の結果、冠動脈イベントを抑制する効果が得られたことから、さらなる価値最大化に向け、ライフサイクルマネジメント戦略の一環として、エパデールのスイッチOTC化を本格的に進めることを決めた。日本OTC医薬品協会が07年4月に公表したスイッチOTC薬候補リストにも、イコサペント酸エチルが含まれている。

 持田社長は懇談の中で、医療用医薬品として培ったエパデールの独自データを活用し、OTC市場のニーズを意識した展開を目指す考えを表明。既に同社は、抗真菌剤「フロリード」のデータを提供し、膣カンジダ再発治療薬のOTC医薬品「メディトリート」の開発に協力した経験を持つことから、「世界で初めてEPA製剤の医薬品化に成功したパイオニアとして、リーダーシップをとってあらゆる可能性を考えていきたい」と強調した。

 一方、ジェネリック医薬品事業については、売上高30億円を目標に掲げてきたが、持田社長は「今期は目標の半分に到達する」との見通しを示し、15億円程度の売上高を見込んでいることを明らかにした。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録