TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【財務省】地域連携薬局の評価求める‐薬価は「聖域ない厳格化を」

2021年11月10日 (水)

 財務省は、8日の財政制度等審議会財政制度分科会に、来年度予算編成に向けた社会保障改革の考え方を示した。来年度の調剤報酬改定に向けては、制度化された地域連携薬局に対する調剤報酬上の評価を求め、後発品調剤体制加算は減算を中心とした制度に見直すべきと改めて言及。一方、薬価制度では、毎年薬価改定の完全実施と再算定ルールの強化、調整幅の廃止など「聖域ない薬価改定の厳格化・適正化に踏み込むべき」と注文をつけた。

 この日の分科会で財務省は、「調剤報酬は薬学管理など価値のあるサービスを提供する薬局・薬剤師を評価する方向にシフトしていくべき」と強調。技術料の割合は調剤基本料が約3割、調剤料が約5割、薬学管理料が約2割とほとんど変化しておらず、調剤基本料や調剤料に依存した収益構造が継続していることから、「対物業務から対人業務への構造転換を後押しする調剤報酬改定としなければならない」と見直しを求めた。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報