TOP > 無季言 ∨ 

薬学の射程は広い

2021年11月26日 (金)

◆先日、有機化学を専門とする薬系大学教授を取材した。本筋から外れた余談で「牛を対象にドラッグデリバリーシステムの研究をしたい」と聞いた
◆牛には胃袋が四つある。標的部位に薬物を届けるために各胃袋をどうかいくぐるのか。その教授は「一つの胃袋しか持たない人を対象にするよりも面白いはずだ」と話していた
◆「牛を相手にして採算性や実用性は」と質問してみた。「全世界に何万頭といて薬を飲んでいる牛も少なくない。市場ニーズはある」と言うのだ。教授はかつて病院薬剤師としても勤務していたらしく「牛を対象に身に付けた考え方や思考回路は、人を相手にする臨床現場でも生かせる」とも語っていた。市場ニーズの有無はともかく薬学とはかくあるべきと力強く感じた
◆「薬学を極めるからリスペクトを得られる。真のチーム医療の前提だ」と教授。薬学の射程は広い。学びの対象は必ずしも人でなくてもいいという。「王道である人を対象に考えることは多いが、あらゆる物から学べる。だから面白い」と笑顔だった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報