TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【クオールHD】在宅調剤とDXを重点化‐薬局の価値創出目指す

2021年12月06日 (月)

 クオールホールディングス(HD)は、2022年3月期中間決算説明会で、主力のマンツーマン薬局の強みを生かしつつ、地域の状況を考慮したエリア戦略に基づく戦略的出店による規模の拡大と、各薬局の競争力を高めていく薬局の価値創出を基本重点戦略として位置づけると共に、今年度の重点施策として在宅調剤とデジタル化(DX)を打ち出した。

 在宅調剤については、「市場規模は3000億円以上であり、高齢化が進むにつれ、その規模は拡大していくものと考えている」と指摘。「国が進める地域包括ケアシステムの中、家庭など住み慣れた環境で適切な服用や薬の詳しい説明を求める人が増加していることから、希望する患者の家庭や施設に薬を届ける在宅調剤事業をさらに強化し、23年度の目標として売上高100億円を目指していく」とした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報