HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【JACDS】新販売制度の運用で詳細な基準を作成へ

2009年2月10日 (火)

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の宗像守事務総長は6日、同日に厚生労働省から公布された改正薬事法の関係省令について、昨年9月に出された省令案と大きな相違はなかったとの見解を示した。また、業界としても細かな基準の作成を進めていることを明らかにし、近日中にその内容を公表するとした。

 業界が作成する基準について宗像氏は、「例えば白衣だが、業界としては店舗で白衣を着るのは薬剤師、登録販売者だという基準にする。これは、法律にも省令にもないものだ。ネームプレートに関しては、素材はプラスチックでもメタルでも、紙を射し込む形でも良いが、字の大きさだけは共通にする。こうした形で細かい内容の基準を作成する」と説明した。

 基準は、[1]生活者・利用者にプラスである[2]制度に対する信頼性が高まる””といった内容にする必要性を挙げると共に、「各社の自由をできるだけ奪わない形にしたい」と強調。「日本薬業連絡協議会にもかけて、基本的にはチェーンドラッグストアだけでなく、薬業界もこの基準に準拠する形で徹底していきたい」との考えを示した。

 さらに、生活者に向けた苦情相談窓口の設置に関しては、「日本薬業連絡協議会と協同するか、JACDS独自のものになるかはまだ未定だが、少なくともJACDS独自の苦情相談窓口は設置する」と話し、「生活者、消費者が店舗やメーカーに問い合わせても埒があかないという問題について、調整、調停を行う窓口を設置する」と説明した。

 また、会見の中で宗像氏は医薬品ネット販売についても言及し、「様々な問題があり、法律的な整備を避けては通れないと思っている」と指摘。「厚労省の検討会が今月中にも開催されるということなので、今後の話し合い、その行方を見ていかなければならない」と述べた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録