HOME > 無季言 ∨ 

“肺の生活習慣病”

2009年2月13日 (金)

◆喫煙習慣が原因で発症するCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は肺の生活習慣病とも呼ばれる。その初期症状は咳や痰、上り坂で息切れを起こすなどありふれた症状で、年齢のせいだと思い込み、見過ごされやすい。国内の有病者は530万人と推定されるが、実際の治療者はわずか22万人と未診断・未治療の患者が多い
◆COPDの診断でカギとなるのが、肺活量やスパイロメトリーと呼ばれる呼吸機能検査。ただ一般開業医では呼吸検査の関心の低さなどで普及率が低く、COPD診断の遅れにつながっていると指摘されている
◆日本呼吸器学会では、分かりにくいスパイロメトリーの指標をもとに算出でき、国民にもなじみやすい指標として「肺年齢」を導入し、普及させようという取り組みを始めている
◆スパイロメトリーの検査にはスパイロメーターと呼ばれる検査機器が必要だが、それほど高価でもなく、持ち運びに便利なタイプもある。血圧計を設置する薬局は多く見かけるようになった。同様にスパイロメーターも導入して肺年齢を伝えられれば、COPDの早期発見に薬局や薬剤師が関われるかもしれない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録