HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

新規痛風治療薬「フェブキソスタット」、FDAが販売許可

2009年2月16日 (月)

 帝人ファーマと武田薬品は14日、痛風・高尿酸血症治療薬「TMX‐67」(一般名:フェブキソスタット)について、米国FDAから販売許可を取得したと発表した。約40年ぶりの新規痛風・高尿酸血症治療薬として、米国で「ウロリック」の製品名で販売される。

 フェブキソスタットは、帝人ファーマが創製した新規キサンチンオキシダーゼ阻害剤。武田薬品の米子会社TPNAが米国での独占的開発・販売権を取得し、2004年12月にFDAに承認申請を行っていた。その後、追加第III相試験を求められていたが、昨年12月にFDAの諮問委員会から販売承認の推奨を受けていた。

 既に昨年、欧州では導出先の仏イプセンが販売承認を取得している。

 帝人ファーマは、米国でのフェブキソスタットの販売許可取得により、欧米における事業基盤が整ったとしており、今後さらに国際戦略製品として海外展開を強化する考え。また武田薬品も、1月に承認を取得した消化性潰瘍治療薬「カピデックス」に続き、「ウロリック」を投入することで、米国市場での新製品ラインナップをさらに拡充させる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録