TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【PhRMA/EFPIA】費用対効果評価改革を評価‐「運用プロセス一部改善」

2022年01月25日 (火)

 米国研究製薬工業協会(PhRMA)と欧州製薬団体連合会(EFPIA)は19日、2022年度費用対効果評価制度改革が中央社会保険医療協議会専門部会で了承されたことを受けて共同声明を発表し、「制度の大きな枠組みを変更しないことが確認され、運用プロセスについても一部改善が見られた」と一定の評価を行った。

 声明では22年度改革について、「分析前協議、分析対象集団に対する考慮、効能追加時の分析などについて改善が見られた」と評価した一方、「運用時の判断に関しては、分析期間の超過の判断、分析対象集団の設定、効能追加時の分析の免除などに関して、実際にはどのようなケースでこれらが実施されるのか不明な部分がある」と課題を指摘した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報