TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【22年度改定でパブコメ】後発品加算の見直し懸念‐「現場感覚から厳しい」の声

2022年02月04日 (金)

 中央社会保険医療協議会は2日の総会で、「2022年度診療報酬改定に係る議論の整理案」に関する意見の募集結果を公表した。後発品調剤体制加算の要件・評価の見直しについては、「変更不可の処方や昨今の後発品の供給問題、一部の患者による先発品希望などによって、これ以上の進展は現場感覚から厳しいと言わざるを得ない」と厳しい対応を懸念する声が目立った。

 厚生労働省は、22年度診療報酬改定で後発品調剤体制加算について、後発品の調剤数量割合の基準を引き上げ評価を見直すと共に、調剤数量割合が4割以下の薬局に対する調剤基本料の減算規定についても評価を見直し、対象となる薬局の範囲を拡大するとの改定案を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報